このエントリーをはてなブックマークに追加

馬プラセンタの利用法

栄養補助食品

馬プラセンタは希少価値がある美容健康商品となっていますが取り組みとして値段を上げすぎないような工夫がされています。また正しい服用方法としてジュースではなくお水で服用することで正しく美容効果を得ることが出来ます。

もっと読む

おすすめの商品

にんにく

女性の悩みに応えるためにいろんな研究をして基礎代謝をあげるサプリメントはとても人気です。素材にもこだわりを持って有機栽培のものを使っていますので、農薬などの心配をすることなく安心して口にすることができるのです。

もっと読む

改善するには乳酸菌

メディシン

多くの方がアトピー性皮膚炎に悩み治療に励んでいます。現代病といっても過言ではなく日常における身近な問題となっています。最近では、乳酸菌が非常に効果的ということが分かり、乳酸菌を多く含んだサプリメントが非常に有効です。

もっと読む

増え続ける糖尿病予備軍

サプリ

糖尿病検査で気になる値

厚生労働省の調査によると、全国の糖尿病患者は700万人、予備軍を入れると2000万人ともいわれています。糖尿病は自覚症状がなく、放っておくと合併症によって失明や四肢の壊死、腎臓病、脳梗塞、心筋梗塞などへ繋がる恐ろしい病気です。また最近になって、アルツハイマー型認知症や悪性腫瘍のリスク要因にもなっていることが認められています。糖尿病検査で「ヘモグロビンa1c」という値が気になった人はいませんか。血糖値は、直近で食べたものに影響されてしまう血中のブドウ糖の瞬間値ですが、ヘモグロビンa1cはブドウ糖とヘモグロビンが結合したもので、検査前1〜2ヶ月間の血液中の余分なブドウ糖の量が分かります。つまりヘモグロビンa1c値は、より正確な指標といえます。正常値は4.3%〜5.8%とされ、国際基準(NGSP値)で6.5%以上が糖尿病と判断されます。糖尿病の危険因子として、食生活の変化にともなう肥満や運動不足、喫煙などが挙げられ、糖尿病は先進国においては、ライフスタイルの変化によって増加傾向にあります。また、最近では、老化の原因ともされる活性酸素が増加することによっても糖尿病になる可能性があるということがわかりました。しかし、ヘモグロビンa1cや活性酸素などは生活習慣を正すことによって改善でき、糖病病を予防できるため、もう一度、自分の生活習慣を改めましょう。

血糖値を下げる健康食品

糖尿病の予防や改善をする方法として、食生活の見直しや運動不足の解消と共に、健康志向が叫ばれている昨今、ヘモグロビンa1c値を下げる健康食品の摂取が注目されています。糖尿病に有効とされるいくつかの成分を挙げてみましょう。高麗人参やゴーヤなどに多く含まれているサポニンは、血液の循環を促したり、中性脂肪を洗い流すことで、ヘモグロビンa1c値を下げる働きがあります。納豆に多く含まれるナットウキナーゼは、血液をサラサラにし、ヘモグロビンa1c値を下げてくれます。おなじみのポリフェノールも抗酸化作用と共に、ヘモグロビンa1c値を下げる効果が確認されています。青魚に多く含まれていることで知られるDHAも、高脂血症の改善と共に効果があるといわれています。ビタミンB群には、糖質の代謝を促す働きがあります。アミノ酸の一種であるアルギニンには、インスリンの働きを向上させて、血糖値を抑える効果があります。ヘモグロビンa1c値が気になる人は、以上のような成分を多く含んだ食物を意識的に摂ったり、これらの有効成分をベースにしたサプリメントやドリンクといった健康食品を試してみるのも良いでしょう。